The Tsurugaoka Hachimangu
 新着情報
 時節の祭
 教化活動
 鶴岡八幡宮墓苑
 槐の会
 申込用紙請求(個人)
 申込用紙請求(法人)
 季刊「悠久」
 悠久バックナンバー
 表紙写真の紹介
 更新履歴

トップページ

〜ぼんぼり祭〜

境内に数多くのぼんぼりが掲揚され、宵闇の中、幻想的な雰囲気に包まれます。
ぼんぼり祭期間中には、
夏越祭(なごしさい)
立秋祭(りっしゅうさい)
実朝祭(さねともさい)
の三つの祭典が行われます。
祭典の他にも、奉納の音楽会・俳句会・短歌会・茶会・華会などが開催されます。

日没とともに、巫女によりぼんぼりに灯りがともされます。御神域に灯されたぼんぼりの趣きは、鎌倉の夏の風物詩です。幻想的な雰囲気に包まれた境内は、時を忘れてぼんぼりを鑑賞される参拝者の方々で賑わいます。

○夏越祭(なごしさい)
8月6日(土)15:00 (立秋の前日)

古くから、この時期には祓の神事として夏越祭が行われていました。暦の上で「立秋」の前日に行われるお祭りで、鶴岡八幡宮ではぼんぼり祭の初日に行われます。

祭典では、神職が源氏池のほとりで古式による祓の神事を執行した後、茅の輪をくぐり、舞殿に向かいます。そして、舞殿にて四人の巫女によって「夏越の舞」が奉仕されます。

○立秋祭(りっしゅうさい)
8月7日(日)17:00 (立秋の日)

 暑さ厳しい夏、暦の上では秋を迎える立秋の日。この日は舞殿において鈴虫を献上して神事を執り行います。また、巫女による神楽も奉仕されます。

神事では、実りの秋をお祝いし、夏の間の無事を感謝します。献上される鈴虫は神域で育てられたもので、九月の例大祭にも神前に供えられた後に神域に放たれます。

○実朝祭(さねともさい)
8月9日(火)10:00

 鎌倉幕府三代将軍 源実朝公は、「金槐和歌集」を遺すなど文化芸術に造詣の深い将軍でした。実朝祭は、その実朝公の人徳を偲び顕彰するお祭で、実朝公の誕生日である8月9日に境内白旗神社で行われます。和歌や俳句、茶道や華道の奉献者が多く参列する中、厳かに執行されます。

ぼんぼりに仕立てた書や画を境内に立てるのも、文芸に秀でた実朝公のご事績にちなむものです。


 ぼんぼり祭の期間中は、奉納の音楽会・俳句会・短歌会・茶会・華会などが賑やかに開催されます。他にも、鶴岡文庫においてぼんぼり祭回顧展(8月6日〜9日 開館時間9:00〜18:00 入館は17:30まで)を開催します。本年は「昭和53年揮毫作品」をテーマに、過去に揮毫されたぼんぼりの展示を行ないます。

このページのトップへ

鶴岡八幡宮 〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 TEL 0467-22-0315 FAX 0467-22-4667
 mail@hachimangu.or.jp
COPYRIGHT © 2005-2016,The Tsurugaoka Hachimangu.All rights reserved.