The Tsurugaoka Hachimangu
 新着情報
 時節の祭
 教化活動
 鶴岡八幡宮墓苑
 槐の会
 申込用紙請求(個人)
 申込用紙請求(法人)
 季刊「悠久」
 悠久バックナンバー
 表紙写真の紹介
 更新履歴

トップページ

〜例大祭〜

「9月14日 宵宮祭 / 9月15日 例大祭・神幸祭 / 9月16日 流鏑馬神事・鈴虫放生祭」
三日間にわたり、祭事や神賑行事が盛大に斎行されます。

例大祭は、神社にとって最もゆかりの深い日を以て定められる最大の重儀です。当宮の例大祭の起源となる放生会(ホウジョウエ)はかつて旧暦8月15日に行われ、現在ではこれを新暦になおして斎行されています。14日の宵宮祭にはじまり、15日に例大祭、16日には世界的にも有名となりつつある流鏑馬神事が勇壮に行われます。

また期間中、境内にて多くの神賑わいが行われ、厳粛な神事に華を添えます。

例大祭日程

14日(水) 4:00〜 浜降式
18:00〜 宵宮祭
15日(木) 10:00〜 例大祭
13:00〜 神幸祭
16日(金) 13:00〜 流鏑馬神事
17:00〜 鈴虫放生祭

神賑行事日程

14日(水) 10:00〜 献茶会
16:00〜 合唱会 北鎌倉女子学園コーラス部
19:00〜 和太鼓演奏 神童太鼓
終日 鎌倉囃子  今泉地区
15日(木) 10:00〜 献茶会 池田宗房社中
18:00〜 日本舞踊 吾妻君香社中
終日 献華会 永野貫玉社中 鎌倉国際華道協会
終日 鎌倉囃子 雪ノ下地区
16日(金) 10:00〜 献茶会 裏千家淡交会鎌倉支部
16:00〜 焼亡の舞 土肥会
終日 献華会 永野貫玉社中 鎌倉国際華道協会
終日 鎌倉囃子 津地区

〜神幸祭〜 
お御輿(みこし)と八乙女の舞

 ご神幸(お渡り)は15日午後1時に出御祭(しゅつぎょさい)があり、御祭神はそれぞれ3基の神輿にお遷りになり、本宮を出発します。宮司以下神職、威儀物を持つ諸役がこれにお供し、御旅所祭(おたびしょさい)を執行の後、本宮へと還御(かんぎょ)します。行列にお供する諸役、御旅所において鎌倉神楽を奉仕する八乙女は、地域の氏子の方々によって奉仕されます。町内をあげてのお祭りが、厳粛かつ賑やか進められます。

〜流鏑馬神事〜
鎌倉武士が駆け抜ける

当宮の流鏑馬神事は文治三年(1187)、源頼朝公により始められたものです。9月16日午後1時、舞殿において流鏑馬神事の執行が奉告されると、射手定(いてさだめ)を経て選ばれた射手は、神職より弓矢を授けられ、騎乗して境内を東西に貫く馬場へと入場します。

鎌倉武士さながらの狩装束を身にまとった射手たちは、馬を駆りながら3箇所に設置された的を次々と射抜きます。今日では流鏑馬神事は3騎によって奉仕され、そののち騎射挟物(きしゃはさみもの)が十数番行われます。

〜鈴虫放生祭〜
いにしえの心を呼びかえす

 流鏑馬神事が終了し、涼やかな風が流れる頃「鈴虫放生祭」が行なわれます。舞殿にて祭儀が行われたのち、若宮横の柳原神池において鈴虫が神職の手によって放たれます。

6月の蛍放生祭と同じく、生き物を自然に帰すことで生命を慈しむという「放生会」の心意を引き継ぐ神事です。浄暗の帳(とばり)が静かに神域に下ろされる頃、放たれた鈴虫の音色が響き渡ります。


このページのトップへ

鶴岡八幡宮 〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 TEL 0467-22-0315 FAX 0467-22-4667
 mail@hachimangu.or.jp
COPYRIGHT © 2005-2016,The Tsurugaoka Hachimangu.All rights reserved.